佐世保のちょんの間事情

ちょんの間という風俗があります。
今では、ほとんど見かけない風俗です。
戦後の赤線、青線と呼ばれているころからある風俗です。
ひと昔前では、近畿のの新地や川崎の堀之内が有名でした。佐世保市では絶対に見かけない風俗です。
ちょんの間はお店を構えなければなりません。いわゆる店舗型風俗になります。
ジャンルは、本番行為がある風俗です。ソープランドに比べると料金が安く時間も短いのが特徴です。
佐世保市では、店舗型の風俗の営業を許可していません。表立って営業しているお店は存在しません。
ちょんの間は、お店がないと成り立ちません。
しかし、厳しい風営法の網を逃れて、旅館やスナックとなったお店があります。
これは、女の子をお店の従業員とし、客との自由恋愛という形で性的なサービスを提供するお店が増えました。
このやり方は、今の風営法では違法になります。噂がたてばたちまち警察の厄介になります。
これが、更に進化したのが出会い系を利用した風俗になったのではないかと考えることができますね。
出会い系サイトを利用して、自由恋愛の形をとるやり方は同じように思えます。
結果、長崎県佐世保市ではちょんの間という風俗の営業は行っていません。形を変えての風俗営業は続いているかもしれません。